ブログ

『採用ミスマッチを防ぐRJP』

人材獲得競争と言われ始めています。企業は多くの応募者の中から選考しようと考えます。そのため、まず如何に多くの応募者を集めるかに工夫を凝らします。採用後は早期退職を防ぐ工夫を凝らします。

 人材獲得競争であるため、採用前は企業の良い面を強調しがちです。その結果、入社後にミスマッチが生じることがあります。れを防ぐために「RJP」という考え方があります。

RJPとは、「Realistc Job Preview」の略です。アメリカの心理学者ジョン・ワナウスが提唱した理論です。本当の仕事(実態)を予め伝える、という考え方です。会社説明会や面接時に、企業にとって悪い面も実態を伝えます。

 心理的効果として次の4つがあります。

①ワクチン効果(過剰期待を緩和する)

②セルフスクリーニング効果(自己選択や自己決定を導く)

③コミットメント効果(組織への愛着や一体感を表す)

④役割明確化効果(入社後の期待を現実化する)

 企業の真の姿を見せても、尚且つ応募したい者が集まります。その中から選考することになるため、社風にあった人材獲得が期待できます。

【参考ページ】
https://bizhint.jp/keyword/71060

関連記事

  1. 「ディズニー、NASAが認めた遊ぶ鉄工所」
  2. 『LGBT隠さなくても』
  3. 「働く高齢者の年金増 支給額を毎年改定へ」
  4. 85歳定年のおススメ
  5. 鳥貴族の値上げと人を大切にする経営
  6. 『パワハラ、経営リスクに』
  7. 『勤務中人身事故の賠償責任』
  8. 『通勤は新幹線』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP