ブログ

『五輪期間中にテレワーク』

いよいよ今年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。これに伴い、都内では交通渋滞などが予想されています。
そのため、東京都では開催期間中のテレワークを推奨しています。
その一環として「2020TDM推進プロジェクト」も実施しています。

新聞記事では、大和ハウス工業の取組みを紹介しています。
東京23区の事業所を閉鎖して、テレワークやワーケーションを認めるようです。

どれほどの交通渋滞が発生するか想像もつきませんが、これを機に出社しないで働くスタイルが普及するかも知れません。
テレワークは、台風など自然災害で出社が難しい場合にも効果を発揮します。
間引き運転している電車で時間を掛けて出社する必要も無くなります。

PCさえあれば、場所を問わずに働きやすくなっています。
試験的に行ってはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 仕事を休んだことで罰金
  2. 『農家も働き方改革』
  3. 「働く高齢者の年金増 支給額を毎年改定へ」
  4. 「一体感、対話のある職場」
  5. 三菱電機の書類送検について
  6. 「今年は働き方改革断行の年だ。正規と非正規労働者の不合理な待遇の…
  7. サービス残業解消策の事例
  8. 『自殺の男性職員 月の残業149時間』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP