ブログ

『育休給付金 引き上げ検討』

 育児休業給付金に給付率を上げる検討がされています。

 育児休業を取り始めた最初の半年間は給付率が67%です。
 その後は50%に下がります。
 育児休業給付金は、子が1歳になるまで受けることが出来ますが、保育園に入園出来ない等の理由があれば、最長2歳になるまで受けられます。

 この給付率を80%に引き上げられるとしたら、休業中の手取り額は休業前とほぼ変わらなくなります。
 それは、所得税と社会保険料の控除が無いからです。

 男性が育児休業を取らない理由のひとつに「収入減少」があります。
 それを解決する狙いもあります。

 世界トップと言われる育児休業に手厚い制度が、今後男性にも広がっていくかは、組織風土、職場の理解が鍵になります。

関連記事

  1. 『チームの力が従業員エンゲージメントを高める』
  2. 『パワハラ防止の指針案』
  3. 85歳定年のおススメ
  4. 『パワハラ、経営リスクに』
  5. 「一体感、対話のある職場」
  6. 健康保険扶養手続きが変更されます。
  7. 2019年4月に労働安全衛生法が改正されました
  8. 同一労働同一賃金とは何か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP