ブログ

『LGBT隠さなくても』

 性的少数者と定義されるLGBT。

 職場のメンバーがLGBTであると知っているケースは少ないでしょう。

 それではどれ位の割合でいるか?

 記事を見ると42万人の調査で10%いるという結果です。

 10人の職場でも1人いるわけですから、かなりの割合ではないでしょうか。

 しかし、企業の対応は遅れています。

 「多様性」という言葉をよく聞くようになりましたが、自分と異なることを認めることが重要になりそうです。

 様々な経験から知らず知らずのうちに自分の価値観が形成されます。そして、いつの間にかそれが当たり前になり、他の価値観を受け入れ難くなってしまいます。

 今後益々、柔軟性のある考えが求められそうです。

関連記事

  1. 『採用ミスマッチを防ぐRJP』
  2. 『通勤は新幹線』
  3. 『賃金請求権の時効が2年から3年へ』
  4. 9月の有効求人倍率が発表されました
  5. 『働き方改革 中間管理職しわ寄せ』
  6. 『「脱一律」巡り 議論スタート』
  7. 人生100年時代の到来か?
  8. 『男性の育児休業の取得促進』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP