ブログ

『LGBT隠さなくても』

 性的少数者と定義されるLGBT。

 職場のメンバーがLGBTであると知っているケースは少ないでしょう。

 それではどれ位の割合でいるか?

 記事を見ると42万人の調査で10%いるという結果です。

 10人の職場でも1人いるわけですから、かなりの割合ではないでしょうか。

 しかし、企業の対応は遅れています。

 「多様性」という言葉をよく聞くようになりましたが、自分と異なることを認めることが重要になりそうです。

 様々な経験から知らず知らずのうちに自分の価値観が形成されます。そして、いつの間にかそれが当たり前になり、他の価値観を受け入れ難くなってしまいます。

 今後益々、柔軟性のある考えが求められそうです。

関連記事

  1. 『職員自殺、パワハラ認定』
  2. 「一体感、対話のある職場」
  3. 『生涯現役 政策で後押し』
  4. 『五輪期間中にテレワーク』
  5. 指導と是正勧告の違い
  6. 『育休給付金 引き上げ検討』
  7. 孫泰蔵さんの考える賃金制度の一端
  8. 『男性育休 小さな職場でも』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP