ブログ

時給には深夜割増分が必要です

事務所の近くにある飲食店の求人募集の広告です。
このような広告をお店に貼るのはよく見かけます。

人事を専門にしている者としてはつい目がいってしまいます。

時給1200円以上で22時以降は1250円と50円アップするというものです。
「※研修時間100時間」と書いてありますので、その間の時給額は少し低いのでしょうか?

勤務地が5か所書いてあるので、多店舗展開している企業なのでしょう。

22時以降とは、深夜労働時間帯になりますので、割増率は25%のはずです。
時給1250円なら深夜時間帯は1500円でなければなりません。
50円アップでは労働基準法の最低基準を満たしていません。

今のように情報を入手しやすい時代に、このような広告はいかがなものかと思ってしまいます。
この会社の経営者、店長は悪気はないのでしょう。
しかし、「ブラック企業」と言われかねない広告を出してしまっています。

求人広告は、まず応募者に関心をもってもらい、面接に申し込む気持ちを誘引することが目的です。

果たして、この広告でその目的は達成されるのでしょうか?

 

関連記事

  1. 日本ラグビーの「ワンチーム」という考え方
  2. 自己啓発は労働時間になる?
  3. 『70歳現役社会へ一歩』
  4. 同一労働同一賃金とは何か?
  5. 85歳定年のおススメ
  6. 『LGBT隠さなくても』
  7. 「働く高齢者の年金増 支給額を毎年改定へ」
  8. 『生涯現役 政策で後押し』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP