ブログ

『フレックスタイム制 再脚光』

 フレックスタイム制というと、一般的にコアタイムを設定します。
 午前10時から午後3時、といった時間帯にすることが多いでしょう。それが、コタタイムを廃止する企業が出始めています。

 昨年の労働基準法改正で、清算期間が1ヶ月から3ヶ月にすることを可能としました。四半期ごとに清算できることで使い勝手がよくなった面もあります。

 また、テレワークなど社外で働く環境が整ったという面もあります。全員が同じ時間に職場に集まり仕事することが当たり前で無くなりつつあります。

 ただやはりコミュニケーションなどの問題があり、その対策を行うことも重要になります。

 記事では1on1ミーティングを紹介しています。

 定期的且つ強制的にこのような対話の時間をつくることは、どの職場でも必要なことです。忙しくなり対話時間が少なくなりがちな職場でも効果的な取組みと言えます。

関連記事

  1. 『男性の育児休業の取得促進』
  2. 『働き方改革 中間管理職しわ寄せ』
  3. 『能力高め「40歳定年」』
  4. 『勤務中人身事故の賠償責任』
  5. 『通勤は新幹線』
  6. 『産業医 交代相次ぐ』
  7. 『個人プレーからチームプレーへ』
  8. 『目標より、目的が大事』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP