ブログ

『海外在住被扶養者の現況確認』

健康保険法の改正により、今年4月から健康保険の被扶養者認定要件に「国内居住」が追加されます。

海外に赴任する社員の健康保険は、日本にいる時と同様の保険証を使用します。

海外赴任に伴い、家族も帯同して海外にいることも多いと思います。
このような海外に在住する被扶養者は、特例要件となり認められますが、届出が必要になります。

証明する書類を添付して3月25日までに提出こととなります。

協会けんぽのページはこちらから。

今後、海外赴任する場合などでは、証明書類を用意することが必須になります。

関連記事

  1. 『パワハラ、経営リスクに』
  2. 健康保険扶養手続きが変更されます。
  3. 『60代後半の就労 企業に努力義務』
  4. 『産業医 交代相次ぐ』
  5. 65歳以上の従業員も雇用保険の対象に
  6. 2019年4月に労働安全衛生法が改正されました
  7. 『厚生年金対象拡大か?』
  8. 『中小に「残業しわ寄せ」監視』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP